趣味と実益のベランダ菜園

畑が無くても野菜栽培はできる。朝 コーヒー片手にパジャマ姿で野菜たちを見守る時間も大事です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

野菜栽培容器の検討

サニーレタス


野菜栽培容器の求められる条件は軽くて丈夫なこと。

ゴミにならず 何年も再利用出来ること。 

土を入れた状態で 自分で持ち運びが出来ることです。


写真の容器は 以前我が家の台所で使っていたゴミ箱です。

ゴミ箱の底に 電気ドリルで排水用の穴を開けた再利用品です。

こんな廃品利用でも 野菜栽培容器としての機能は十分で 毎年

サニーレタスやターサイが栽培できます。


容器栽培で一番多い失敗例は 多湿や酸素不足による根腐れです。

2~3日前まで元気だった野菜が急にしおれる? よくあることです。

特に梅雨明けの炎天下となるころは要注意です。

炎天下の容器内は かなり高温になり さらに必要以上の水くれで

容器内の酸素が不足し 根が腐ってしまうのです。


容器栽培の利点は 移動が簡単なことです。

太陽軌道は季節により変わります。野菜にとって太陽があたりすぎる

ようになったら 半日蔭の場所に移動してあげればいいんです。

野菜の成長具合にもよりますが 経験により解るようになります。


明日のテーマは(野菜の育ち方は環境で大きく変わる」です。




スポンサーサイト

別窓 | バルコニー・ベランダ菜園のすすめ! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<野菜の育ち方は環境で大きく変わる | 趣味と実益のベランダ菜園 | バルコニー・ベランダ菜園のメリット>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 趣味と実益のベランダ菜園 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。