趣味と実益のベランダ菜園

畑が無くても野菜栽培はできる。朝 コーヒー片手にパジャマ姿で野菜たちを見守る時間も大事です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

水のやりすぎで根腐れ

ターサイの苗


今年の夏は 日照り続きと 異常な暑さで植物にとって多難な年でした。

我が家でも 私が2週間ほど植木の手入れが出来ず 3鉢ほど枯れました。


原因は予想がつきます。

朝一の水くれを 夕方水くれに変えたことだと思います。

結果は 夕方から朝まで 鉢内は水浸し 酸素不足  日中は灼熱の世界


特に注意したいのは 日中 太陽光が植木鉢に直接あたる場合いです。

植木鉢を日照りの中で触ってみると 植木鉢の暑さに驚くと思います。

まるで太陽熱調理器で なんとか生き残る植物の努力は 大変なものです。


高温多湿で条件の悪化した鉢内では 根腐れが始まります。

1ケ所でも 根腐れが発生すると 病原菌が増殖し 瞬く間に広がります。


このようにならないようにするには 植木鉢の水はけ 通気性が重要です。

水やりのタイミング 回数も大事ですが 不注意で水やりが多すぎても

多すぎる水がスムーズに流れ出る土構成の仕組み作りが大切です。



明日のテーマは 「水やりが少なくても枯れる」です。
スポンサーサイト

別窓 | バルコニー・ベランダ菜園のすすめ! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<水やりが少なくても枯れる | 趣味と実益のベランダ菜園 | 良い土作りが野菜の成長を左右する>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 趣味と実益のベランダ菜園 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。