趣味と実益のベランダ菜園

畑が無くても野菜栽培はできる。朝 コーヒー片手にパジャマ姿で野菜たちを見守る時間も大事です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

トマト

地植トマト



私のトマト栽培暦は20年位になります。

写真の右側 緑の葉が生い茂っているのが我が家の 

地植えのトマトの全体像です。


色々な体験の中から 今の栽培方法に改善修正してきました。

トマトがジャングル状になっている理由は 枝の育て方にあります。

トマトは通常 1本仕立てで栽培しますが 私の場合は3本仕立て

で栽培しています。

くり返しの経験から 収穫量が一番多くなる方法なのです。


今年は トマトのバルコニー栽培にも挑戦してみました。


トマトを育てるには5ヶ月位かかります。

バルコニー栽培は 鉢の有効利用が大切なので トマトの成長だけを

ゆっくり待っていては 効率が悪くなります。


そこで 鉢の有効利用法として考えたのが 寄せ植えです。


サラダセット


トマトの苗と同時に バジルとサニーレタスの苗も植えました。

トマトが育ち 実をつけるまで バジルとサニーレタスを楽しむ

ことが出来るからです。


この組み合わせを 「サラダセット」とネーミングしました。


写真は知人に貸し出しした「サラダセット」ですが 結果は

まずまずで 喜ばれました。


来年もこのセットを作りますが トマトの品種は「ちばさんさん」

に変える予定です。


地植えトマトでは 解決しにくい雨対策が バルコニー栽培では

鉢の移動で簡単に解決でき 水分調節が可能です。


来年は 「甘いフルーツトマト」に挑戦します。



明日のテーマは 「オクラ」です。








スポンサーサイト

別窓 | バルコニー・ベランダ菜園のすすめ! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<オクラ | 趣味と実益のベランダ菜園 | シソ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 趣味と実益のベランダ菜園 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。