趣味と実益のベランダ菜園

畑が無くても野菜栽培はできる。朝 コーヒー片手にパジャマ姿で野菜たちを見守る時間も大事です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ねぎ

多くの家庭で冷蔵庫にいつも 在庫されている野菜として「ねぎ」があります。

我が家では ねぎをそのまま 野菜庫に入れられないので 青い葉の部分と

白いネギの部分を切り分けて 保存しています。

ねぎは比較的弱い野菜で 注意して保存しないと日持ちがしません。

野菜庫で 傷み始めたねぎを見つけ 仕方なく加工する方も多いと

思います。


何とか解決方法がないかと思っていましたが バルコニー菜園なら

期間限定ですが 解決しそうです。


ねぎを栽培するのは1年以上かかるので 鉢の効率が下がります。

そのため 成長したねぎを鉢に植込み ゆっくり成長させながら

順に収穫していけば 超新鮮なねぎがいつでも食べられます。

    (期間は12月~3月に限定されます。)


我が家では この解決策は 別の方法で毎年していることです。


毎年 年末になると 泥ねぎが安売りされます。

年明け 値上がりすることが多いので 30本位買い込み 菜園の

土に植込みます。雨が降っても 霜が降りてもねぎは大丈夫です。

こうすることにより 3月末位まで 超新鮮なねぎを必要な時 必要

なだけ いつでも収穫できるのです。

しかも 新しい根が伸び 少しずづ成長もし続けます。

収穫したねぎに 包丁を入れた瞬間 あふれ出る水分の多さに

驚くと思います。 冷蔵庫ではこの鮮度維持は不可能です。


年末に バルコニー菜園用の「ねぎセット」写真を紹介します!



明日は月末なので 「まとめ」になります。




ネギセット
「ねぎセット」のしゃしんです。


ネギ
我が家のトロネギは50本ほど購入して 土に植えました。

これで ほしい時は いつでも超新鮮なネギが食べられます!






 

スポンサーサイト

別窓 | バルコニー・ベランダ菜園のすすめ! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<まとめ | 趣味と実益のベランダ菜園 | ブロッコリー>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 趣味と実益のベランダ菜園 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。